武将印 細川忠興

¥500

小倉城を築城した小倉藩初代藩主 細川忠興公の武将印が完成いたしました。

細川忠興公は、関ヶ原の戦いでの論功行賞により、丹後から豊前国に入り、中津城から小倉城に移り小倉藩初代藩主となる。

正室は明智光秀の三女・通称細川ガラシャ。後に肥後熊本へ転封となり、肥後細川家初代。千利休の高弟「利休七哲」の一人としても名高く、文武両道を極めた戦国武将。

武将印のデザインは、細川家の家紋「九曜紋」、細川忠興公の花押を配し、藤色ですっきりと仕上げた一枚となっております。

尚、細川忠興の武将印は、今回通信販売のみの取り扱いとなります。

※数量をお選びいただき、ご注文下さい。お支払いはクレジットカード決済となります。
それ以外でのご注文を御希望の方は<こちら>

※お盆明けより随時発送いたします。

商品コード: 3 商品カテゴリー: , 商品タグ: